フリーターのカードローン利用について

カードローンでフリーターがお金を借りたい場合に、ローン審査には通るのでしょうか。

 

このような不安を感じている人からの質問が多いですから、フリーターがカードローンを申し込む場合の審査基準や注意点について説明したいと思います。

 

フリーターやバイト、パートでも審査に通ることは可能です。

 

企業で働いているフリーターやアルバイトの人の場合には、キャッシング、ローン会社からは定期的な収入があって月々の返済が可能な人だと判断されます。

 

カードローン会社にとって良いお客様というのは、しっかりと返済をしてくれる人ということになりますから、このようなフリーターやアルバイトの人の場合にはカードローン会社からするとぜひとも顧客になってほしい良いお客様ということになりますので、初めてのフリーターカードローンの申し込みであればどこでも審査は通りやすいです。

 

ですからフリーターなので、アルバイトなのでと気後れすることなく自分にあったローンに気軽に申し込んでみましょう。

 

フリーターの借り入れ注意点について

 

借入をする場合には総量規制という法律が適用されますから、フリーターの場合にはこの規制について注意する必要があります。

 

この総量規制という法律は、年収の3分の1以上の金額を借り入れることができないというものです。

 

フリーターの場合でも当然適用されることになります。たとえば1ヶ月の収入が10万円のフリーターであれば、年収は120万円ということになります。

 

 

この場合には120万円の3分の1である40万円が借入可能な限度額となります。

 

これの金額を超えた申し込みをすると総量規制の法律が適用されて借入ができないということになります。

 

ですからフリーターの場合には、自分の収入と借入可能な限度額を事前にしっかりと確認してから審査に申し込む必要があるのです。

 

逆に考えると、この総量規制が適用されるような金額を借りてしまうと返済に支障をきたす、あるいは返済ができず自己破産してしまうかもしれないということになるかもしれません。

 

このようなことにならないための歯止めとして総量規制は設定されていますので、カードローンを利用する際の判断の目安とするのがよいでしょう。


このページの先頭へ戻る